BMIとはボディマス指数

BMIの計算方法を知っているだろうか?そもそもBMIとはなんだろうか?BMIとはボディマス指数といって、肥満度を計算するための指数であり、世界共通のものです。

ボディマス指数(ボディマスしすう, Body Mass Index, BMI)は、体重と身長の関係から算出した、ヒトの肥満度を表す指数である。

MBIやせ形女性身長をt[m]、体重をw[kg]としたとき、BMIは

t /w2

で表される。tはm単位であって、cm単位ではない。

例えば、身長160cm・体重50kgの場合

160cm=1.6m 50kg÷(1.6m×1.6m)≒19.5となる。

日本肥満学会によると、BMIが22の場合が標準体重である。BMIが25以上の場合を肥満、BMIが18.5未満である場合を低体重とする。

BMIの計算式は世界共通であるが、肥満の判定基準については国により揺らぎがあり、アメリカでは25以上を「標準以上(overweight)」、30以上を「肥満(obese)」としている。

多様な肥満の病態を、身長と体重の関係のみに抽象して算出されるこの指数には自ずから限界がある。内臓肥満はメタボリック症候群の原因でありながらこの数値に表れにくいこともあり、隠れ肥満となる場合がある。こういった問題は残されているものの計算式が簡便なこともあり、成人の肥満の指標として多用されるもののひとつである。また体重は身長の3乗に比例するのだが、この計算式では2回しか身長で割らないため、背の高い人ほど大きくでてしまう。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント