2009年の花粉と花粉症対策

嫌なニュースですね。最近2月とは思えない暖かさで、花粉症の人はマスクをしなければ外に出られないと言う人もいるそうです。

そして、2009年、今年の静岡県内の花粉飛散量は昨年より2・5倍程度に増える見込み(県農林技術研究所調査)で、薬局・薬店ではマスクや薬といった花粉対策グッズの売れ行きが好調だ。「スギ、ヒノキ花粉の飛散は20日ごろに本格化」と予想する専門家もおり、早めの対策を呼び掛けています。

花粉より美女
花粉症とは、本来、春は冷たい空気の中にも暖かさが感じられ、空は青く、何かが始まるようなウキウキした気持ちになるものでした。しかし今日は春になると憂鬱になる人が急増しており、春を喜んでばかりはいられなくなりました。花粉症は「国民病」と呼ばれるほどに蔓延し、特にスギ花粉症患者の増加がめざましく、国民の 20%がスギ花粉症だといわれています。またスギ以外にも日本国内には花粉症を引き起こす植物はおよそ80種類もあり、季節も冬以外1年中に及びます。


花粉症患者がここまで急増した背景にはいったい何があるのでしょうか。花粉症になったからといって死ぬわけではありませんが、現在のところ完治しない病気です。

WikiPedeiaの記事
花粉症(かふんしょう、hay fever / pollen allergy / pollen disease, 医 pollinosis または pollenosis )とはI型アレルギー(いちがた-)に分類される疾患の一つ。植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされ、発作性反復性のくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴的な症候群のことである。枯草熱(こそうねつ)とも言われる。

現在の日本ではスギ花粉によるものが大多数であるが、ここでは花粉症の一般記事を記載しスギ花粉症の固有の問題でまとめられるものは該当記事にまとめることにした。参照のこと。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどはアレルギー性鼻炎(鼻アレルギー)の症状であり、花粉の飛散期に一致して症状がおこるため、季節性アレルギー性鼻炎(対:通年性アレルギー性鼻炎)に分類され、その代表的なものとなっている。目の痒みや流涙などはアレルギー性結膜炎の症状であり、鼻炎同様に季節性アレルギー性結膜炎に分類される。広義には花粉によるアレルギー症状全てを指すこともあるが、一般的には上記のように鼻および目症状を主訴とするものを一般的に呼ぶことがある。また、狭義には鼻症状のみを指し、目症状は結膜花粉症(または花粉性結膜炎)、皮膚症状は花粉症皮膚炎または花粉皮膚炎)、喘息の症状は花粉喘息、喉の不快感などの症状はアレルギー性咽喉頭炎などと別に呼ぶことがある。

この記事では、hay fever = 枯草熱、pollinosis = 花粉症というように、古語・現代語、一般名・疾病名、の観点で呼び分けることもある。枯草熱も医薬品等の効能に表記されるれっきとした医学(医療)用語であるが、ここでは花粉症で統一する。なお、pollen allergy は花粉アレルギー、pollen disease は花粉病(花粉による疾患)の意である。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント