セックスカラー についてまとめてみた

セックスカラーは、科学的に証明されている 色彩効果 がもたらす心理作用の中で、特に性欲に影響を及ぼすとされる色( 異性とのセックスに応用可能な色)のことである。セックスカラーは商業でも利用されており、レンタルビデオのアダルトコーナーやラブホテルの部屋の中の色など、セックスカラーが利用されている場合がほとんどだ。脳科学が発達していない江戸時代でさえ、遊郭の建物は赤色である。

色は心理状態に大きく作用するため、医療にも利用されている。特にセックスレスは社会問題ともなっており、セックスカラーの利用は手軽に行え、効果もあるということで多く採用されている。

セックスカラーを必要とする場合
・セックスレス ED対策として、いつもと違うセックスで興奮を促したい場合
・通常のセックスの環境づくりの一環
・セックスしたい異性にセックスを許容させる場合

セックスカラー : 赤
310.jpg

赤は、嗅覚 ・ 視覚 ・ 聴覚 ・ 触覚 ・ 味覚の 5感を 、つかさどる 感覚神経 を刺激する色で、催淫効果 にも優れてる。よって、レッドカラー = セックスカラーとも言われており、交感神経を刺激して、精力を活性化し、性欲 を促進させる。赤は アドレナリンを分泌させる効果がある色で、アドレナリンは様々な神経を過敏にさせ、刺激をいつも以上に強く感じることができる。ちなみに、、完全な赤色でなくても 赤系統のカラーでも有効だ。

インドのヨーガでも、生殖器の部分は第一のエネルギーポイントとされており、対応する色は赤。生命力あふれる赤は、交感神経を刺激し 精力 を 活性化 してくれるため、セックスカラーのシンボルといえる。

特に女性が下着で男性を悩殺しようとするなら 赤の下着 は 抜群の効果がるとされている。そもそも、赤は印象に残りやすい色です。注意しなければならない場所では赤がよく使われているのも理由の1つだ。

セックスカラー : ピンク

jk_enko.jpg

セックスカラーの中で、赤よりも柔らかく、女性の好む色がピンク。ピンク色( 桃色 )は脳を刺激し、女性ホルモン の 分泌を促してくれるため、若返りの色といわれている。美容 血行促進 精神安定を促し、滑らかな肌にしてくれるため、触れたくなる衝動に駆られるとか。心理的には 幸福度 を上げる作用があるため、、お互いの 性感度 アップの効果も期待できる。パートナーとのセックスでより幸福感を味わいたい場合に利用するといいだろう。
ピンクヌード写真 を集めてならべてみた

セックスカラー : 紫

ハダカとデジタル

脳科学 の観点からみると、女性にとって「性的に興奮しやすい色」が「紫」だ。紫は、交感神経 と 副交感神経 の両方を刺激する色のため、「心が揺れる状態」をつくるといわれており、性的な欲求を引き出しやすく、「セックスをしてもいいかな」という気分にしてくれる作用がある。女性の興奮度が最も高まる色が紫なのだ。

意中の女性がいる男性は、彼女とセックスしたいのであれば、紫で試すことをお勧めする。不倫であれば、なおさらだ、赤で興奮するのは2回目以降のSEXで良いのだから。ちなみに、女性でセックスしたい男性がいる場合、白の下着、黒の下着が無難という場合もあるが、本気ではない遊びのセックスであれば、素直に赤の下着を身につけることをお勧めする。
パープルヌード写真 はまとめてみるとエロの色
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント