大阪警察性的暴行・レイプ事件

許せない事件。

大阪府警の巡査長が、海水浴場で女性に性的暴行を加えた疑いで逮捕された事件で、一緒にいた同僚警察官も、ほかの女性にわいせつな行為をしていたことがわかった。大阪・布施警察署地域課の巡査長・永○昌也容疑者(27)は、7月31日午後4時ごろ、貝塚市の二色の浜海水浴場で、焼酎などを一気飲みさせて、酩酊(めいてい)状態になった10代後半の専門学校生の女性に、性的暴行を与えた疑いで逮捕された。

STOP性犯罪

永○容疑者は、同僚警察官4人と来ていたが、その後の調べで、22歳と25歳の男性巡査も、別の専門学校生にキスをしたり、胸を触るなど、わいせつな行為をしていたことがわかった。警察は、準強制わいせつの疑いもあるとみて捜査している。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント