小胸女子が自信を持てる内容

おっぱいが嫌いだという人はいないですよね。おっぱいは素晴らしいパーツです。フェミニストの作家であるゲイル・コリンズ氏は、ニューヨークタイムズの中で「皆おっぱいが大好きです。幼児、大人、女性、男性関係ありません。現にアメリカでは、身体の中で最も人気のパーツで、常にどんなおっぱいが良いかという話になりやすい」と述べています。

一般的には大きく、まん丸なかたちのおっぱいが人気ですが、海外サイト『the Frisky』では小さいおっぱいの良さが10個挙げられています。小胸女子が自信を持てる内容に感激してしまいます。さて、その内容とは……。

小さい胸,貧乳,微乳
1、かわいい  
親近感を持てますし、幸せで、スイートな気持ちになれます。

2、襟元が大胆に開いた服を着られる
胸の谷間が見えることがないため、襟元が大きく開いた、デコルテが際立つデザインのトップスを、気兼ねなく着られます。

3、ふしだらな感じに見えない
大きなおっぱいの人がパーカを着ると、やけにふしだらに見えるらしく、すれ違う人の視線を集めてしまうことがあります。逆に小さいおっぱいの人が着ると、まったく誰の視線も集めないのだとか。同じものを着ても、じろじろ見られるか、まったく着目されないか、というように極端ですが、どちらが良いですか。むしろ「エレガントな感じですね」と言われる、小さいおっぱいの人の方が、ややお得な感じがします。

4、簡単にエレガントに見せられる
小さいおっぱいは、その佇まいだけで、上品に見せられるのです。

5、乳首が目立つ
乳首というパーツは、何となく面白く、かわいい存在です。

6、ノーブラで過ごせる
ブラジャーを着けずに過ごしてみると、いかに楽しく、自由で、爽快かを実感できます。「イエーイ!今私はノーブラなのよっ!」と叫びたくなるほどです。もちろん本当に叫んだりはしませんが、自分だけのセクシーな秘密としておくのは、かなりドキドキすることでしょう。小さいおっぱいにとって、ブラジャーはオプションに過ぎないのです。

7、ストラップレスの洋服を着られる
ウエディングドレスを選ぶとき、ストラップレスのものしかありませんでした。実際にストラップレスのものを着てみて、意外といけると気付きました。腕を常に横において支えておけば小さいおっぱいでも不安に思うことなく、ストラップレスを着こなせます。

8、おっぱいの存在を忘れてヨガできる
その瞬間、おっぱいが特に重要な役割を果たしていない場合、小さいおっぱいの人はその存在を忘れて、スポーツに没頭できるのが嬉しいですね。

9、弛むことがない
小さいおっぱいは、現在から将来に渡って、まず弛むことはありません。大きなおっぱいの人や、年取った人への侮辱になりそうなので、あまり大きな声では言えませんが、本当にそうです。おっぱいは脂肪でできており、脂肪はそもそも柔らかいものです。これが弛む原因となっているのです。大きなおっぱいの友人がいて、確かに彼女のおっぱいは壮観で、柔らかさもすばらしいです。しかし、弛んでしまう運命からは逃れられません。またおっぱいが弛むということは、その人の年齢が35歳以上であることも意味します。小さいおっぱいの場合、35歳を越えても弛まないのでお得。手の中にかわいく収まるサイズであることも、素晴らしいポイントです。

10、最後になりましたが、小さいおっぱいであることを悲観しないで良い
特におっぱいは重要な役割を果たすわけではありません。おっぱいは、遊ぶと楽しくて気持ち良いです。おっぱいは赤ちゃんにミルクを与えるものです。おっぱいは女性らしくてかわいいです。これらの特徴は大きなおっぱいの人へはあてはまりますが、小さなおっぱいの人は、独自のスタイルでこれらを行うこととなります。ただ小さなおっぱいは1~9で見てきたように、ラッキーなことと驚きに満ちているものなのです。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント