白鳥美麗様のお言葉

自信がないとか、何かしらのコンプレックスを持ってるとか、絶対みんなあるじゃないですか。私も、「細い子が好きなんでしょ、どうせ」とか思うこと全然ある。でも、そこまで深く考えない(笑)。そこらへんは、美麗ちゃんに教わりました。私も自分に自信を持って思いっきりやっていいんだって。太ってるからこんな服着れないとか思っちゃダメ。だって、20代って、今しかないじゃないですか。若くて動けるときに、好きなことを好きなだけ、死ぬ気でがんばりたくて。私、食べ過ぎってよく言われるんですけど、成人病になって死んでも、好きなだけ好きな物を食ったからしょうがない、と思うんです。毎日体重計に乗って「あぁ400g減った」とか、ご飯に誘われても我慢する、野菜ばっかり食べる人生とか考えられない。だって、死ぬとき絶対思いますよ。「ああステーキ食いてー!」って。いっぱい肉食っとけばよかったって、後悔したくない!

スレンダー?
白鳥美麗物語とは

太い眉毛に、二重あご、ぽっちゃり体形、そして超ミニスカートがチャームの女子高生・白鳥美麗(渡辺直美)は、学園のマドンナ的存在。同級生の榊(平成ノブシコブシ吉村)と鮎川(ピース綾部)が、“絶世の美女”なのにまだ恋を知らない白鳥をめぐり、日々「アイツはオレの女だ!」バトルを繰り広げる。コント内では、美人女優が演じる友人は、“ブス”という逆転の設定になっており、男性陣に罵られている。ありとあらゆる手段を使って2人のケンカを食い止める白鳥のキメ台詞は、「私のために争わないで!」。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント