サッカー アジアカップ

サッカーアジアカップとは、AFCアジアカップ(英: AFC Asian Cup)と呼ばれ、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、ナショナルチームによるサッカーの大陸選手権である。1956年に第1回大会が香港で行われ、以降4年ごとに開催されている。また、優勝国にはFIFAコンフェデレーションズカップへの出場権が与えられる。

白い下着女アジアサッカー連盟(AFC)が主催する欧州選手権・南米選手権などに代表される世界に6大会ある大陸連盟選手権のひとつ。

1956年に第1回大会が行われてから4年毎に開催され、日本はこれまで14回大会中6大会に出場。1992年日本で開催された第10回大会で初優勝、その後、2000年大会・2004年大会と2連覇を達成。3連覇が期待された前回2007年大会は4位に終わった。

今大会予選からの参加国は25カ国、そのうち16カ国が本戦へ出場し、アジア王者を決する。優勝国には、ワールドカップ前年にワールドカップ開催地で行われる6大陸王者が集う「コンフェデレーションズカップ」出場権が与えられる。

2011年適地カタールに逆転勝利した日本代表。勝利後のザッケローニ監督コメン

非常に厳しい試合になった。これまでの戦い通り、カタールとの対戦は難しいなと感じている。2点奪われ、しかも嫌な形で取られたが、そこからわれわれは攻撃に出て、気持ちも出て、いい試合になった。このチームは日に日に成長していると感じる。今日も(相手が)開催国ということで、雰囲気がある中での試合だったが、10人になっても攻撃を緩めず、最後はサイドバックの選手が決めてくれて、いい試合をしたと思う。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント