着エロとは

着エロとは乳首や女性器を見せないエロ動画です。多くは自分で乳首をかくしパイパンにしてヘアーも見えないようにしています。全裸になる場合は、片手あるいは両手で乳首を隠します。両手で両胸の乳首を隠す場合、おっぱいを揉むようにして、おっぱいの肉付きや柔らかさを視聴者に分かるようにします。その場合、おっぱいを自分で揉んでいるのでオナニーしている動画とも捉えることができます。

着エロアイドルにしたい「着」は「着衣」の略で、「着メロ」のもじり。局部「以外」の部分を限界まで露出した、過激なセミヌードを指す。初期の頃は、極小の水着やテープ等の小道具で覆い隠す他、ブラジャーを外して手だけで乳首を隠す「手ブラ」といった手法が多く見られ、従来のセミヌードよりは過激という程度だったが、その後、緊縛姿や口にギャグボールを噛ませたボンデージスタイルを取り入れたり、あからさまに性行為を連想させるシーンがあったり、街中を半裸で歩くなど、過激化していく。特に過激な物になると、乳首が透けていたり、乳輪が見えていたり、ヘアや性器が透けていたりと、ほとんどヌードと変わらない。また中には、剃毛した性器(いわゆるパイパン)をギリギリまで映したり、アナルを見せたりと、一般的なヌードの表現より過激な物もある。中にはモデルが被害を訴える例もあり、2009年には芸能プロダクション社長が児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反容疑で逮捕されている[1]。

先駆的なものとして桜庭あつこ、久留須ゆみなどが、後に「着エロ」に分類される様な活動をしている。その後、2002年頃から、インリン・オブ・ジョイトイ、藤川京子、岡元あつこなどが、この分野に参入し、一般に認知される様になる。続いて、堀口としみ、福山理子、櫻井ゆうこなどが加わる。その後、着エロはグラビアアイドルにも広まり、安めぐみや那由多遥といったアイドルらが、いわゆる「着エロ」スタイルで、雑誌グラビアなどを飾った。

2005年には、青木さやかが『ロンドンハーツ』の企画で着エロ写真集を発売し、1タイトルで8万部以上を売り上げると言う快挙を達成。以降も梨花や華原朋美、オセロの松嶋尚美等といった有名芸能人によるグラビアが話題となった。

2004年の中頃からは、ヌードモデルやAV女優等を起用した着エロビデオも増加した。当真ゆきのように「着エロAV」をリリースし、それのヒットに伴い過去のイメージビデオもヒットすると言う逆転現象も起きている。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント