草なぎ剛、地デジ大使復帰

SMAPの草なぎ剛さん(35)が24日、地上デジタル放送の普及を促進する「デジタル放送推進協会(Dpa)」のメーンキャラクターに復帰し、東京都内で行われた「デジタル放送完全移行推進の集い」に出席。「この度、私、草なぎ剛は多大なご迷惑、ご心配をおかけしたことを心からおわび申し上げます。本当にすみませんでした」と謝罪した。

草薙のナギ 草なぎさんは今年4月、酒に酔って裸になり、公然わいせつ容疑で逮捕(起訴猶予)される騒動を起こし、メーンキャラクターを降板していた。今月、所属事務所の関係者が佐藤勉総務相に面談し、改めて謝罪していた。

 式典には草なぎさんのほか、佐藤総務相やNHKと民放各局の女性アナウンサーの「地上デジタル推進大使」、キャラクターの「地デジカ」も出席した。

SMAPの草なぎ剛(35)が地上デジタル放送の普及推進キャラクターに約3カ月ぶりに復帰する。放送局や電機メーカーでつくるデジタル放送推進協会が23日、発表した。地デジ完全移行まで2年となる24日、都内での式典に登場する。

草なぎから「迷惑をかけたので出演料を辞退し、相当額を地デジ普及事業に役立ててほしい」と申し入れがあり、協会も受け入れた。佐藤勉総務相は記者団に対し「苦しかったと思うが乗り越えて決意してくれた。

ありがたい話であり、高く評価したい」と述べた。草なぎは4月、酒に酔って都内の公園で全裸になったとして現行犯逮捕され、協会はテレビスポットの放送中止をNHKと民放全局に要請していた。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント