潮吹き方法、潮吹き体験、潮吹きとは

潮吹き(しおふき)とは、性行為中に女性器から、分泌物系統の液体が噴出する現象のこと。名前の由来は鯨の潮吹きのさまに似ていることからきています。失禁(おもらし)は、尿道括約筋の弛緩(ゆるみ)によっておこり、潮吹きは、尿道括約筋が締まった状態で放出され高圧です。従って、尿は低圧での放出ですが、潮は噴水のように放出されるというわけです。

潮吹き女性よく聞く潮吹きの方法
1.Gスポットを刺激する。
2.Gスポットが水分を含んだように、だんだん膨らんでくる。
3.だいぶ膨らんできたところで、Gスポットを刺激する指の動きをさらに激しくする。
4.彼女が潮を吹くまで頑張る!

よく聞く潮吹き体験談
1. 潮吹きとエクスタシーは全く関係ない。別物である。
2.エクスタシーに達していなくても「潮吹き」はできる。
3.コツさえ覚えてしまえば、自分で潮を吹かせられる。
4.訓連次第で、何回でも潮を吹かせられるようになる。

潮吹き引用
Q.誰でも潮吹きできるの?

A. 潮吹きは最近はAVの影響で、女性は誰でも潮吹きができると考えている男性もいるかも知れませんが、潮吹きができる女性のほうが少ないようです。だからどれだけ男性のテクニックがあったとしても、相手の女性によっては全く潮吹きが起こりません。また潮をふいたからといって、一概に快感が強いというわけではありません。


Q.潮を吹かせる方法を教えて?

A. 潮吹きの方法としてはGスポットへの刺激が一般的だそうです。膣内に指を第2関節ぐらいまで入れて、女性のお腹側にちょっと指先を曲げてみると、第1関節あたりにざらざらした感触を感じますが、そこがGスポットです。 もちろんこのように膣を刺激する場合は、大変傷つきやすい所ですので、爪をしっかり切る・爪を立てない・膣の壁に強い負担をかけないなど、男性の方は十分な注意が必要です。

Gスポットの刺激を書きましたが、Gスポットのある女性は2割ぐらいだと言われていますし、ポルチオやクリトリスなど他の性感帯で潮を吹く女性もいますので、必ずしもGスポットへの刺激が有効だとは限りません。

パートナーの反応を見ながら臨機応変な対応が必要でしょう。潮吹きをしない体質の女性もいます。潮吹きをしたからといってオーガズムに達しているわけではありませんし、そのような体質の女性に対して、男性の満足のためだけに潮吹きに挑戦するのは、心身ともに負担をかけることになりますので、止めましょう。

そのGスポットをパートナーの反応を見ながら、最初はゆっくりそしてだんだん激しく指のピストン運動で刺激します。第1関節を少し曲げて刺激するのがよいでしょう。5~15分ほどで痙攣を起こしたような状態で潮吹きが3~4回起こります。しかしかなり動きの早いピストン運動が必要で、なかなか重労働で難しいようです。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント