ふたなりを初体験ふたなりとは

ふたなり(二成、双成、二形)は一つのものが二つの形状を持つことをいい、特に一人で男性と女性の性器を兼ね備えた、いわゆる半陰陽を指す。漫画やゲームの世界では、両方の性器が正常に機能する、完全な両性具有として描かれることが多い。また、その性器の配置に関しては作家によって差異はあるものの、男性もしくは女性のどちらとも言えない形にすることが多い。

ふたなり美女ただし、性格は女性であることが非常に多い。さらに体質として、絶倫、巨根(極端なケースではオートフェラチオなどができるほどの大きさの場合も)、稀に性器自体が柔軟、性器が複数ある(複根)、精液の量が異様に多いというケースもある。

睾丸がある場合とない場合の両方あるなど、成人向けのメディアにおいては医学的な半陰陽と思われる表現はほぼ皆無である。また、呪術や人体改造、生物の寄生などで陰核が男性器へと変化するケースも見られる。稀に、肉体改造などで陰核を肥大化させたものや特異体質で陰核自体が特殊で細く長く柔らかいものを男性器として扱い挿入するケースもある。先天的にせよ後天的にせよ、キャラクターがこれらような身体的特徴を持つにいたった経緯の説明が作中で全くなされない場合も多い。日常ではありえない不条理なシチュエーションのひとつとして、唐突に描かれる事もまた多い。

ふたなりとは、サブカルチャーにおいては成年向け漫画などのジャンルの一種で、男と女両方の性質を持った性別のこと。両性具有とも言われる。通常キャラクターは男根と膣を併せ持ち、このとき男女どちらがベースの肉体になっていても成り立つ。

ふたなりは古代ローマの時代から存在する。
日本の国宝に、はにわりの人々を描いた作品がある。
医学的には、染色体異常によって誕生し、その多くは仮性半陰陽であり性機能を持たない。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント