FXとは、FXって何?

国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引をいう。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。

日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正されて、ダイワフューチャーズ(現・ひまわり証券)、豊商事などが取扱いを開始、ブロードバンドの普及も手伝って市場が急速に拡大した。商品先物会社、証券会社のほか、本取引を専業で取り扱う業者もある。取引の仕方によっては非常に高いリスクを負うため、実際の取引にあたっては外国為替相場に関する十分な知識や経験を要する。

巨乳のFX外国為替証拠金取引の特徴

外国為替証拠金取引とは、一定の『保証金』を取引業者に預けることで、信用供与をしてもらい、小さな資産で大きな取引を可能にする取引です。いわゆる、『レバレッジ』を掛けることが可能な取引ということです♪

通常、資金を調達してレバレッジを掛ける場合、調達コストが貸出金利としてかかりますが、外貨証拠金取引では差額だけ!を決済する取引ですから、調達コストがかからないことが非常に大きなメリットです♪

FX業者選び
外為証拠金取引(FX)は少ない資金で多額の外貨を運用できる外貨投資として個人投資家の人気を集めています。FXは外貨投資のひとつですが、ほかの外貨建て商品とはさまざまな点で異なっています。

 為替市場は24時間、世界を駆けめぐって取引されています。ですから働いている人でも、仕事が終わった後に取引ができるため、仕事との両立がしやすいと言うことが挙げられます。
 また、為替レートが円安に進んだときだけでなく、円高に向かう局面でも利益が取れる仕組みをもつ外貨投資です。さらには、より少ない元手、低いコストで取引できるので、それだけでほかの投資手段よりも優れていることになります。

 そのFX投資において利益を上げるためには、まず何よりもFX業者の選択が大切です!
 FX業者選びで考えるべきことは、自分のトレードスタイルです。例えばデイトレードをするにしても、小さな値幅で何度も取引を繰り返すスキャルピングのような手法を取るなら「手数料の安さ」は最優先項目となります。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント