SEXはからだにいい

2年前の記事だが、SEXは体にいい「定期的にセックスをすれば7歳若く見える」という記事を見つけた。
週二回はSEXしよう!

sex2kai.jpg

英国の研究者が、定期的にセックスをすれば最大で7歳まで若く見えるとの研究結果を発表した。5日に開催された英国心理学会(British Psychological Society)の総会で、王立エディンバラ病院(Royal Edinburgh Hospital)で高齢者心理科長を務めた経験を持つデービッド・ウィークス(David Weeks)博士が高齢者のセックスと健康効果を主とする研究発表のなかで論じたものだ。

英紙テレグラフ(Telegraph)が伝えたウィークス博士の発表内容によると、定期的にセックスをしている人は、実年齢より5~7歳若く見える可能性があるという。これは「快楽物質」のエンドルフィンが分泌されるためだ。天然の鎮痛効果を持つエンドルフィンには、ほかにも不安感を和らげたり、心臓の健康維持につながる血液循環を促進させる効果もある。さらにヒト成長ホルモンの分泌が促されることから、肌の弾力がアップするという。

「私が伝えたいのは、セックスは体に良いということだ」というウィークス博士。「一般的に高齢者については、年金生活者になってバスの無料乗車券をもらえるようになると、セックスをしなくなると言われているが、それは正しくない」と指摘。「性的な充足感は、生活の質の向上に大きく貢献する。少なくとも、霊的信仰や宗教心といった気力を満たす要因と同じ程、高い影響力を生活にもたらす。従って、セックスに対する高齢者の前向きな態度は、積極的に支援されるべきだ」と強調し、「性的欲望は若者たちだけに与えられた特権ではないし、そうあるべきでもない」と付け加えた。

博士は1997年にウェールズ(Wales)でまとめられた心臓疾患に関する研究論文から、「週に2回以上オーガズムを得ていた男性は、それ以下の男性に比べて死亡リスクが50%低かった」との結果を引用している。

このほかにも過去の研究で、定期的なセックスと早世リスクの低下との関連性が明らかにされている。

スポンサーサイト
[PR]

ぽっちゃり女性、どこまで許せる

ぽっちゃりコスプレ「デブライブ」が話題になっているようです。ぽっちゃりは脱いでも魅力的?限度があるよね。

とある、ぽっちゃりコスプレイヤーの集合写真が話題です。その名も「ラブライブ!」ならぬ「デブライブ!」。先日あったコミケで撮影された写真の楽しげな表情からは、コンプレックスを突き抜けた9人のラブライブ!愛とコスプレ愛が感じられ、ネット上でも「楽しそう」「元気が出た」といった反応が集まっています。



43pocha.jpg

ちなみにスレンダーヌードと比べてみよう
43sure.jpg

夫婦のセックスレスの割合

2014年のデータで、50歳未満でセックスレスの夫婦は、じつに44.6%(日本家族計画協会調べ・2014年・1ヶ月以上性的な接触がない割合)だそうです。少なくとも40代男性でも1週間に一度は射精しているようなので、どこで誰と射精しているのでしょう?

こういう情報もあります。

12229.jpg


通常、男性の精力は年齢と共に衰えて行きます。そして、この衰える速さは射精の頻度によるといいます。射精をほとんどしないような状況が続けば続くほど衰えは加速し、オナニーやセックスによって射精する機会を設けていれば、精力の衰えは抑制する事が出来ます。これはなぜかというと、射精しないままにしておくとやがて精巣は精子で一杯になってしまい、精子の生産がストップしてしまうのです。そして生産能力が落ちてしまうのです。

若いころは夢精などを通して、溜まったら出すというサイクルが出来上がっていますが、年齢を重ねると夢精さえしなくなります。このため、年齢を重ねたら積極的にオナニーやセックスによって射精する努力をしなければなりません。