四十八手

四十八手とは、性行為における体位の種類を表したものである。江戸四十八手とも言われ、この言葉は江戸時代の日本において名付けられたと言われている。体位の数を示したものではなく、相撲の四十八手を真似て名付けられたもので、表裏合わせて九十六手という説も存在する。

四十八手を試す女つり橋
相手の体が落ちないように支えながら行為するのがコツ。

つばめ返し
女性が背をおもいきり反らしたすがたが視覚的にも刺激的。

だるま返し
女性の足を組んだまま縛ってしまう、ちょっとSMっぽいスタイル。雰囲気は盛り上がる。


二つ巴
シックスナインのこと。今どきこの風流な名前で呼ぶ人は少ないと思うが・・。

第一文字
女性の足は極端に広げられ、男性は「一」の字になってひたすら・・・。

椋鳥(むくどり)
シックスナインの男性が上になったバージョン。上になるか下になるかで刺激の度合いが微妙に違うから不思議。

立ち花菱
女性の腰下に枕を置くと開脚しやすく、刺激をより受けやすい。

こたつがかり
脚が低いこたつだとちょっと窮屈だが、寒がりの女性にはうれしい。

ひよどり越え
名前の由来は源義経が平家と戦ったときの戦法から。

立ち松葉
「松葉くずし」の立ち技バージョン。男性は後ろへひっくり返らないように注意。

押し車
これで女性が腕立てふせを始めたら、ちょっとお笑い。

松葉くずし
最も有名な一手。男性が女性の片足にしがみつきながらする。

手懸け
こたつがかりと似ている。車の中で実践してみたい体位。

やぶさめ
馬にまたがる姿。女性本位で楽しむにはもってこいの体位。

撞木ゾリ(しゅもく)
女性も男性も合わせて腰を動かすと快感は倍増。ホテルの鏡に映った姿でさらにエキサイト。

しがらみ
男性は円運動で腰を動かすのがコツ。密着性が高いので愛情を確かめ合っては。

鳴門(なると)
女性はおもいきり開脚して、大きな渦をつくりたい。女性の芯も敏感に刺激を受けやすい。

時雨茶臼(ちゃうす)
ポピュラーな体位。女性の腰の動かし次第で時雨か大雨に変わる模様。

御所車
女性はうまくクルクルと回転したい。別名「ナイアガラの滝落とし」

岩清水
男性に上手に舌を動かしてもらいたい。岩の狭間からは清水がしたたり落ちる。

雁が首
俗にいうフェラチオだが、なんとも風雅な名前だ。

宝船
お互いに相手の脚をしっかりと引き寄せることでさらに密着する。女性の快感はかなりのもの。

仏壇返し
女性は相撲の「はっけよい」の体勢をとると安定感が増す。

窓の月
男性がかなり奥深くまで侵入しやすい体位のひとつ。男女ともにこれを好む人も多いのでは。

茶臼のばし
挿入はちょっと難しいかもしれない。試してみて。

深山(みやま)
深山の奥深く神秘的な泉を目指してずんずん進む。

ひよどり越えの逆落とし
男女ともにかなりハード。傍らから見ているとまるでアクロバット。

しめ小また
茶臼のばしと似ている。うまく挿入できなくても男性をしめてあげると単純に喜ぶ。

帆かけ茶臼
侵入してくる部分がお互いに見られる。

うぐいすの谷渡り
うぐいすになったつもりであっちの谷間、こっちの谷間と渡って、さえずる。

うしろやぐら
名前は知らなくても、暗がりの公園なんかで実践しているカップルもきっといるのでは。壁や木立が利用できる。

碁盤攻め
碁盤が置いてあるホテルはそうないけど、これがちょうどいい高さ。

理非知らず
本当は女性の手足を縛って行うらしいが、無理強いは避けたい。

乱れ牡丹
鏡のある部屋で試してみたい。ただし男性は腕力が必要。

獅子舞
勃起力が強い男性には、ちょっと不向きかもしれない。

こたつ隠れ
大きなこたつだと難しいが、恥ずかしがり屋の女性にはぴったり?

千鳥の曲
ネーミングは行為の最中に聞こえてくる音からか。千鳥がさえずるがごとく、女性はこまめに舌と唇で・・・。

立ちかなえ
男性は女性をしっかりと支える。男性の背が低いと残念ながらこの体位はちょっと厳しい。

首引き恋慕
あまり快感に結び付きそうにはないが・・・。

寄り添い
こんなオーソドックスなポーズもあったというべきか。初級向き。

百閉
女性が主導権を握れる体位。自分のリズムで腰を動かそう。

本駒がけ
男性はお馬さんの役割。駆けるような早いリズムで。

抱き上げ
押し車に似ている。大柄な女性だと男性も疲れそう。

千鳥
体の硬い女性にはちょっと無理がある体位。

浮き橋
女性の奥深くまで侵入できる体位。男性の腰の使い方も自在。

しぼり芙蓉(ふよう)
芙蓉は富士山の別名。男性に何カ所も刺激してもらって頂上に登ろう。

抱き地蔵
これも奥深くまで侵入できる体位。お互いに腰を動かせば、かなりの快感が得られる。

梃子がかり(てこ)
かなりの難易度。うまくいったとしても快感の度合いは疑問。
スポンサーサイト
[PR]

白い巨根 助教授M

Amazonで人気が高く、価格も安い、レビューでかなり良い事が書いてあるバイブが「白い巨根 ディルド編 細身でスマートな助教授M」です。あなたも購入してみてはいかがでしょうか?

白い巨根 ディルド編 細身でスマートな助教授M白い巨根 ディルド編 細身でスマートな助教授M

初め見たときは、大きすぎるかなって思ったら、やわらかくてすごい気持ちよかった。 一人でするには凄いいいと思います。お勧めです。


商品詳細を見る


気になるレビュー
大きさも丁度いい。好きに曲げられるから、オナの時に自分が感じる場所に当てれて気持ち良い。竿の部分が波打つ形状で、中を刺激してくれるからいい具合にイケる。

初めてディルド使いました。バイブより断然(>_<) 自由に曲がるし硬さもそっくりやったよ。イッた後足がガクガクして立てへんかった。

こういうグッズを買うのは初めてだったので受け取った時ドキドキしました。大きめでかなりびっくりしましたが、濡れていれば問題なく入ると思います。亀頭の部分が入口に入る瞬間、凄く感じます。に奥を突くと気持ち良すぎて何にも考えられなくなりました・・・洗って何回も使えるし、値段も手頃なので、かなりお得だと思います!

マンピーのGスポットはどこ?

マンピーのGスポットという歌の話ではあありません。おまんこのGスポットのお話です。大学教授や偉い学者さんが一生懸命調べてきており、未だに不明な項目も多い神秘の場所であり、まさに女性の秘部です。

 Gスポットは膣の中にある不可思議なエリアで的確にそこを責めると女性に狂乱したようなオルガスムスを与えられるというものすごい性感帯です。多くの学者が実はGスポットなんてエリアなどないと反論していますが、Gスポットは確かに存在します。女性によって感じやすさは異なりますが、どの女性にもGスポットはあります。

マンピーな女性Gスポットは、1940年代にドイツの産婦人科医によって名付けられました。Drエルネスト・グラフェンバーグは、Gスポットをとても小さな豆型のエリアにあるとしましした。そして、そのエリアは、膣の入り口から4-5cmくらいのところ。

 日本では、名古屋市立大学の渡仲三名誉教授が電子顕微鏡を使って、Gスポット周辺に知覚神経を発見しました。また、2008年にはイタリアのラクィラ大学(en:University of L'Aquila)の研究グループが「確かに存在するが、全員に備わっているわけではない」とする研究報告をイギリスの科学誌・New Scientistに発表しています。

 女性の究極の性感帯ともいえる「Gスポット」は一体どこにあるのか――研究所、そしてベッドの中で半世紀以上にわたり模索されてきたその位置が、いよいよ特定されることになりそうだ。英科学誌ニュー・サイエンティスト(New Scientist)に研究結果が報告された。

 Gスポットとは、1950年にドイツの産婦人科医グレーフエンベルク(Ernst Graefenberg)博士が発見した膣(ちつ)内の性感帯のことで、博士の名前の頭文字を取って名づけられた。ここが刺激されると極度のオーガズムが得られるとされる。だが、その位置については明確にされておらず、存在そのものを否定する専門家もいた。

 伊ラキラ大学(University of L’Aquila)のEmmanuele Jannini教授は、Gスポットについて「確かに存在するが、全員に備わっているわけではない」とする研究報告を同誌に発表した。

 同教授は「膣内オーガズムを感じたことがある」と答えた9人と、「感じたことはない」と答えた11人の膣内を超音波スキャンした。すると、前者のグループは後者よりもGスポットエリアとされる膣前壁の組織にはっきりとした厚みがあることが判明。

「Gスポットエリアとされる部分が実質的に存在しない女性の場合、膣内オーガズムを得られないことが初めて立証された」としている。

 だが、Gスポットが独立した組織なのかクリトリスの内部組織なのかは、依然不明だ。Jannini教授の主張通り、オーガズムが得られない女性にはGスポットがないのか、Gスポットはすべての女性にあってその感度が異なるだけなのかは、さらなる研究が必要だと、研究者は口をそろえる。

なぞだらけのGスポット!
女性なら自分で探しておいて、場所を男性に教えるべきです。

LCから引用
■「Gスポット」を自分で開発?

最後に、せっかくの「Gスポット」の性感があるなら、ひとりえっちでも開発しましょう♪同じ膣内で、同じ触り方をしても、他の部分とは明らかに感じ方が違うと思いますので、自分でいろいろと撫でて探してみます。

「Gスポット」の快感の感覚の特徴は、全身の力が抜ける感覚です。触っていて、脚がガクガクするなどの反応があったら、そこが「Gスポット」です。愛撫方法ですが、指の腹を使って押すのがポイントです。

圧迫したり、小刻みに振るえさせる、円を描くようなマッサージなど、自分が感じる方法を試してみてください。また、バイブ(ジーエステ) やローターなどを使っての刺激もおすすめします。

気持ちいいことに罪悪感をもたいないで、自分で挿入することにみじめさを持たないで、前向きにHを楽しむと、いつかきっと「Gスポット」で感じることができるはず!

パイパンと麻雀の白

パイパンとは、思春期以降の女性や男性の陰部に陰毛が全く、あるいはほとんど生えていない状態のことであり、そのような女性や男性そのものを指す俗語です。まだ陰毛が生えていない養女の事をパイパンとは言いません。

パイパンが似合うまた、パイパンの語源は麻雀パイの白(白板)だとされています。一般に「パイパン」という語は、アダルトビデオや性風俗関係で使われることが多く、ここではパイパンの女性が登場するだけでなく、女性の陰毛を剃ることや抜くといった行為そのものによって快楽が追求されることがある。

AV業界への影響
パイパンは今やAV業界の新たなジャンルとして確立し、人気を博している。新たなジャンルとしての「パイパン」の大きな意義として、パイパンのAV女優が行うオナニーやそれによる潮吹き、男優との性交などによって、モザイクの修正の有無にかかわらず、陰毛が生えている状態よりも性的興奮を感じやすくなる点、陰毛がある状態よりも清潔的で迫力を増した局部が見られる点、膣内射精による精液や疑似精液の流れがより迫力を増す点などが挙げられる。そのため、パイパンと膣内射精両方の内容を盛り込んだAVも増えてきている。

Wパイパンハイパーデジタルモザイク 糸矢めい 相崎琴音 ムーディーズ [DVD]Wパイパンハイパーデジタルモザイク 糸矢めい 相崎琴音 ムーディーズ [DVD]
(2008/05/13)
糸矢めい相崎琴音

商品詳細を見る
グレイズ/子供のようなパイパン7人中出し [DVD]グレイズ/子供のようなパイパン7人中出し [DVD]
(2008/04/16)
7人

商品詳細を見る

青姦はなぜ青姦というか

青姦の「青」は野外を意味する『青天井』の略、「姦」は不正な男女の交わりを意味する『姦淫』の略である(参考:警察隠語類集)。つまり、青姦とは野外での性行為や野外での売春を意味する。

青姦は古くから使われている言葉『青邯(あおかんと読み、野外での居眠りの意。詳しくは下記関連語参照)』を意味的にもじったものと思われる。青天井というと昼間をイメージする。実際、青姦の多くは白昼に野外でする性行為を指すが、夜間のそうした行為に対しても青姦が使われることがある。

青姦しようよ現代の青姦は公園のベンチや木陰などで着衣のまま行われることが多いと言われている。

青姦とは、俗語であり、「青」は青空を指しているが、夜に行っても青姦という。その際に行う性行為については基本的に和姦を指しており、強姦は含まれない。語源についてはいくつか説があるので、併記する。青空の下での姦淫の略。

屋根が無いことを「青天井」と呼んでいた名残から、青天井下での姦淫の略。唐代の沈既済の小説『枕中記』に登場する「邯鄲の夢の枕」から枕の隠語として「邯鄲」が用いられた上に青空か青天井が加わり、「青邯」になったというもの。

かつては農村などで行なわれていた行為ではあるが、現代の日本の社会においては、公然と行えば刑法第174条公然わいせつ罪に相当する犯罪である。同意無く行為に及んだ場合は強制わいせつ罪、或いは強姦罪も適用される場合がある。海外においては、より厳格な規定が存在する場合がある。男性が性的興奮を我慢できず女性に性行為を迫る場合が多いが、必ずしもそうであるとは言えない。女性から男性に迫る場合もあれば、男性同性愛者同士が公園などで行い(発展場も参照)、公然わいせつ罪で摘発されることもある。

ラブホテルが一般に普及する1965年代までは、日本の住宅事情の悪さもあって、若い男女が屋外で性行為に及ぶという選択肢は存在していた。1955年代の邦画で、男女が野山でのハイキングを楽しむシーンは当時の登山・ハイキングブームの反映であり、必ずしも屋外での性交を暗示するものではないが、既に肉体関係を結んでいるか、そうなることを望む男女が人の少ない山中で性行為に及ぶことは、ありえなくはなかった。

その後は、ラブホテルの普及と住宅事情の若干の改善により、次第に下火になっていった。近年では、特に刺激を求める男女が行なう程度であり、その行為が目撃されることは当時ほど多くはない。また、自動車の普及により、カーセックスという選択肢も生まれている。


青姦を行う際は、性的興奮を煽るべくわざと周りに人がいる場所を選ぶ場合と、人目を懸念して全く人気の無い場所を選ぶ場合がある。1980年代以降、成人向け漫画やポルノ映画では、深夜の公園やマンションのベランダなどで覗き見られていることに構わず青姦を行うカップルが描かれることが多くなった。

また、青年誌や深夜番組など性的なメディアによって、屋外での、もしくは衆人環視の性行為が実態以上に喧伝される傾向にあり、タブーと見なさない層を生んでいる。近年では、若い男女が人目を気にせずに抱き合う、抱擁する、キスを交わすといった旨の行為も散見される。

孕ませとは?孕ませの読みは?

孕ませ」というのアダルト用語と言っていいだろう。アダルトゲームの世界にも「孕ませ」というカテゴリーがあるくらいです。はらませ(音読みは:ヨウ)と読み、主にアダルトゲームや成人向け漫画、インターネットコミュニティ上における受精・妊娠を目的とする性行為や「赤ちゃん出来ちゃう」など女性が性行為に際して発する受精をほのめかす言葉・態度に対する性的嗜好の固着をさす。

孕ませたい女性成人向け漫画やアダルトゲームにおいては性行為そのものの描写の限界があり、性的興奮を求めるユーザーを満足させる演出方法として定着しつつある。ユーザーに多いと思われる独身男性はなかなか避妊しない膣内射精の機会に(あるいは性行為そのものの機会に)恵まれないという仮定のもとの演出方法である。また妊娠を極度に恐れる対象として前述の人妻や、性知識の乏しい少女、母、姉、妹への近親相姦において多用される。また、単に男女がからむ絵面ではバリエーションに乏しく、映るのは男性の尻ばかりということも少なからずあるために「断面描写」と呼ばれる、膣内、子宮内の透視図や断面図を描いた画像が用いられ、子宮内に大量の精液の入った(非現実的な)描写も行なわれている(なぜか女性側は自らの子宮内の様子が手に取るようにわかり実況中継をする)。

妊娠により下腹部が膨張した状態を好むボテ腹フェチが「結果」に対する性的嗜好であるのに対し、この嗜好はもっと広範囲に妊娠の「過程」や「可能性」までも包含したものであるために受精ないし遺伝子の継承と言う過程に対する嗜好とボテ腹と言う状態に対する嗜好とは混同されるべきではないと言う意見も有る。前者の場合、女性が胎内に宿しているのは自分(ないし主人公)の子供であることが求められる傾向が強いが、後者の場合は怪物が卵を産み付けるなどの受精を伴わないシチュエーションでボテ腹になっている場合も含まれると言う違いが存在する。よりコアな嗜好では人間の女性と怪物の交雑により卵子が人間と同数の染色体を持った怪物の精子を受精し、怪物の子供を妊娠・出産するシチュエーションに対する執着も存在する。

アクメはオーガズム

オーガズム(英:Orgasm)とは、性的快感の絶頂の事。オルガスムス(独:Orgasmus)、オルガスモ(伊:Orgasmo)、オルガスム(仏:Orgasme)、アクメ(仏:acmé)、オルガスミ(芬:Orgasmi) とも言う。多くの女性が性的に満足している一方で、女性の43% が女性のオルガズムに達することに難しさを感じている。ほとんどの女性は一度オルガズムに達した事があるか、達した振りをしているのです。

オーガズムで美容
女性のオーガズムは男性の10倍の快楽
オーガズムで失神

オーガズムをそそる女性語源はラテン語の「オルガルスム」で性交やオナニー、他人による性器への愛撫などにより性感帯を刺激する事により起こる。俗語では「イク」「来る」(英:I'm coming)などともいう。文語では「達する」「果てる」「気を遣る」などと表現される事もある。男性では多くの場合、オーガズム時に射精が起こり、女性では膣口にある括約筋の規則的な収縮などが見られる。
生理的にはくしゃみに似ているとも言われる。オーガズムに伴い陶酔的な幸福感が得られる。またオーガズムの直前に寂寞感(男性)や恐怖感(女性)を覚える場合もあるとされる。


男女のオーガズムに達するまでの時間の概念的な比較:青い線が男性、赤い線が女性オーガズムに至るまでの時間は、一般的に男性は短く女性は長い。また、オーガズム後すぐに快感が衰える男性に対し、女性は暫くの間余韻が残るとされる。これは、男性の場合射精後にプロラクチン(prolactin; 乳腺刺激ホルモン)が放出されるためと考えられている。射精後しばらくのあいだ勃起状態が維持できなくなるのも、血中のプロラクチン濃度が高くなるためである。

男女の性愛において男性の射精後男性の性的興奮が急速に衰える為、その時点で男性が性交渉を中止する場合があるが、女性の方はまだオーガズムに達していないため不満が残ることが多い。これを補うため、女性への労りとして後戯(女性への愛撫や抱擁)がしばしば行われる。

男女ともオーガズムパターンは多く存在し、多くの場合オーガズムの初期レベルは陰茎や陰核(クリトリス)の刺激によって引き起こされ、陰嚢や大陰唇など性器全体に広がる。 ほとんどすべての男性は、思春期以後、オーガズムを経験する。 女性の場合はGスポットやPスポットなどと密接な関係がある。アンケート調査などでは、一部の女性はオーガズムの経験が無いといい、また一部の女性は1回の性交のなかで複数回のオーガズムを経験すると言う。